研修制度(総合職) 

  

  一般職の研修制度についてはこちら

当社では入社して8ヶ月の基礎研修”

その後の6ヶ月のトライアル研修”を通して、あなたを1歩1歩確実に一流の実務経験者へと育てます。

 実際の業務を経験することによって、仕事への取り組み方、姿勢、仕事に必要な技術はもちろん、
 仕事をすることの価値や達成感等々を学んで頂きます。
 また、会社の一員として成長するために先輩社員とコミュニケーションを取りつつ仕事に勤しんで頂きます。
 実際の業務を担当するからといっても
 初めから1人でというわけではありません。

 先輩社員がついて1から丁寧に指導します。
 
 1人1人に合った指導をしていくので、心配する必要はありません。
 確実に身につくまでしっかり習得して下さい。

≪OJTによる運転設備の操縦説明≫

≪認定試験に向けての勉強会≫
  当社の先輩社員は皆、今までに色々なJOBをこなしてきた経験者です。
  
  今までに培ってきた豊富な知識を元に
  分かり易く説明やアドバイスをしてくれます。

  教えてもらったことはメモを取り、後でノートにまとめる等して着実に
  自分のものにして行って下さい。

当社の育成ビジョン


基礎研修期間(前期研修):入社4月〜6月(3ヶ月間)


 業務を行う為のソフト構築に関する必須知識を徹底し学びます。知識が確実に理解できているか、試験で判定します。
 総務・営業希望の方も、一緒に技術の勉強をしていただきます。


基礎研修期間(後期研修):入社7月〜11月(5ヶ月間)


各部署へ正式に配属します。
営業・総務・技術の基礎的な知識や仕事の流れ、仕事の手順のノウハウ/PC/マシンの使い方などを習得します。


トライアル研修期間:12月〜翌年5月(6ヶ月間)

この間に基礎研修で習得した知識で、トレーナー(業務担当者)と一緒に実際の業務をOJTで行います。
仕事の各部分を自分で進行できるようにトライして、自分ものにしていきましょう。


実務研修期間(実務経験):翌年6月〜翌々年5月(12ヶ月間)

研修期間で習得した知識・技術とトライアルした経験と自信を元に、マネージャー(業務管理者)の元で各部分の
仕事をもらえるように頑張りましょう。
実務を通して1年間の経験を積み、仕事の範囲を一つずつ広げ、一人前の担当者を目指しましょう。






ピン当社の研修制度がメディアに紹介されました



労働新聞(2010年07月05日)
記事を拡大



日刊工業新聞(2010年06月09日)
記事を拡大