給与モデル





 

2015年6月に給与改定を行いました

・ベースUP:2.2%(基本給ベース)を行います。
 消費税UP前から2015年4月までの消費者物価上昇部分を給与UPし、社員のみなさんの生活レベルの維持を
 図っていきます。
(消費税3%UPの物価影響分:2.1% 消費税以外の物価上昇分:0.1%の合計2.2%)

・一般職 初級 中級の方の生活水準の維持のための基本給UPを行います。
 一般職初級で¥10,000(月給160H分の基本給に対してのUP分)
 一般職中級で¥  5,000(月給160H分の基本給に対してのUP分)

 一般職初級 現:¥160,000 - → 新:¥173,760-
 一般職中級 現:¥180,000 - → 新:¥189,120 -
 一般職上級 現:¥200,000 - → 新:¥204,480 -
 総合職初級 現:¥227,000 - → 新:¥231,994 -
 (全役職における平均UP額 ¥6,510 注:基本給UPにより、同率で残業代、賞与もUPします。